読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡りあるき

うたひながら夜道を帰るからつぽのひだりの胸に風がはいつた

分ける 分け入る 割る わかった!

手を出せぬ私を見てゐるわたくしがいま鉄橋をわたりはじめた ひろ 「記憶の蔵」で物理のお話を聞いてきました。 前々回だったかな…講師の江本伸悟氏はお話のなかで「渦(うず)としての生命観」という事を示唆されました。伺ってすぐ、様々なことが連想され…

雨の奥会津、囲炉裏の炭火を眺めながら語り部さんの夜話。

東山温泉、囲炉裏端で夕食をいただきながら語り部さんの話を聞きました。(宿でお願いすると来てくれます。)するする~っとよどみない会津弁で聞く昔話は、文字で読むお話と違い、語り部さんから手渡しされたようで…一味違うな~(^^♪ 語り部さんは「今晩は…

玄侑宗久さんのお寺で座禅をしました。

暮れかかる野良にずぼりと滝桜 岩盤浴でがっつり汗を流し、早めの夕食を済ませて福聚寺に向かう。 三春の猫 吾唯足知 立ち直ったお地蔵さん(福聚寺) 坂道を下って上る。坂を上りきる頃はすっかり夕闇に巻かれた。見上げると、右手にみごとな枝垂桜がライト…

カラムシ織はシャキッ・さらさら…手触りいいな~

4月24日から福島県三春にトキメキ満載の旅に出た。お目当ては滝桜、岩盤浴、玄侑さんの座禅、会津線コトコト列車の旅。ついでに鶴ヶ城の桜^_^; 郡山に集合、磐越西線で会津若松。 三春の岩盤浴が気に入って時々通っている友人のおすすめ、七日町の田楽屋…

斎場御嶽に行ってみよう!

知人が沖縄通いを重ねる中で生み出した魅力的な作品展を開いた。 古い木造アパートを改装したミニギャラリーは、ミステリアスな寓意とサプライズに満ちていて、いくつもの物語を紡ぐことができる不思議な空間でした。 「ことばの水」展。『路地と人』にて、…

由布院はお湯もいいけど石垣も熱いな~

午前中呼吸法のレクチャー、でも外は日差しもまぶしい良い天気 ♪ レクチャー受けつつ気もそぞろ~^_^; なので会場脱け出し、スケッチに出かけよう! ずんずん歩いてポイントを探す。 この辺りはちょうど盆地の縁にあたる所らしく、北側は山地で南側に田が広…

自転車借りて、由布院巡り。

二日目、気功と太極拳の、「ゆふいん場の養生塾」に参加、癌友(がんとも)との交流会もある。午前中は貸自転車を借りて、行けるところまで行ってみる。風が冷たく、時折雪もちらついて寒い! あ、由布岳が見えてきた。面白い形の山だな~ 関東甲信越の山並…

直前に友人がキャンセル、で、私一人の湯布院行き

白鷺はじっと立ちつくす白鷺とひとつながりの影のしづけさ 雨上がりの由布岳 いきなりの一人旅は少し不安、でもまあ…何とかなるでしょう。 一人…そうだ,久しぶりにスケッチをしてみよう。 あちこちにまだ水たまりが残る湯布院は、ちょっと寒いけれど 春。 宿…

治癒するちから

初めての入院生活以来、ずっと気になっていることがあります。 それは《治癒する力》。 少し長く入院していると、患者さんたちが入れ替わり立ち代わり入院しては退院してゆきます。目に見える限り、皆さん自分で治っています。もちろん医師は診察し、診断し…

須磨寺

思いがけない田井畑の野良風景がとても懐かしくて、すっかり長居をしてしまった。 それにしても、集落よりやや高いところにあると思われるあの田は、どこから水を引いているのかなあ。野良に出る途中、じめじめして水の湧き出ている所があったけど、あの上に…

田井畑

「田井の畑さんのバス停よう見てな、ふたつあるでな」と店のおばさん 翁さび田井畑の坂ゆくひとのかすかに礼(いや)すよそびとわれに そんなこんなで、今年2月友人に誘われ神戸のセミナーに行くことにしました。 はじめての兵庫県です。せっかくの兵庫県なの…

そして歩き始めた

術後7年目に入ったその年、6:4で迎えられるかどうか未定だった還暦を迎えることができました。林住期と言うそうで、パソコンには何度打っても臨終期と出る。(笑) 5年生存率という言葉があるが、私の場合60%の確立だった。この言葉はあまり好きじゃ…

人はさみしい

大小の宝篋印塔ならびゐて目病み野猫と供花のにぎわひ 50代初めに癌が見つかりました。ここでいったんすべてを棚おろし。 入院、手術、抗癌剤治療の緊急期を過ぎ、自宅で療養するようになってから、空っぽになったその棚に、今まで全く関心のなかったジャ…

めぐりあい  

はるばるとあゆみ来ていま須磨駅のホームに立てば目の前は 海 60歳を期に、長い間しまい込んでいたものを一つ二つ開けてみることにした。 浦島太郎よろしく一気に白髪になるか(もうなってるけど)うきうき若返るか…、とにかくこのところいろいろあり過ぎ…