巡りあるき

うたひながら夜道を帰るからつぽのひだりの胸に風がはいつた

あこがれ

f:id:miyasakihiro:20090715120527j:plain

海はあこがれですが

海に向かうと考えることを忘れてしまう

 

――――水平線が目の高さから離れない―――

 

なにかのぐあいで水平線が消えて

空だか海だかわからなくなっていたりすると

もうどうしてよいかわからない

だからいつも海に着くと

まっすぐ

海にむかって歩く 

(花をかかげて)

 

広告を非表示にする