巡りあるき

うたひながら夜道を帰るからつぽのひだりの胸に風がはいつた

それでいいのだ

ふわふわを、つかんだことのかなしみの あれはおそらくしあわせでした  笹井宏之 

たどりつく疲労のそこひ先のなき場所はいつでもさうだ、あかるい     光森裕樹

    f:id:miyasakihiro:20130613190220j:plain

 ゆすつても、ゆすつてもまたもとどほり 癖になつてるだけならいいが

 いつのまに着いたのだろう 通せんぼされてはいつも急き立てられた

 インディアンサマーの陽ざしが背にあれば嘘でもいいのしあわせだもの

 ひとまずは、フリーズドライしてそして忘れてしまふ それでいいのだ  ひろ   

 

 

広告を非表示にする