巡りあるき

うたひながら夜道を帰るからつぽのひだりの胸に風がはいつた

山茶花

f:id:miyasakihiro:20141214151744j:plain

人の耳には ただ

「かさっ…」としかひびきませんが

その一言を 忘れる落葉はありません

きん色の秋の空から おりてきて

いま 地面にとどいた

という その一しゅんに

 

「ただいま…」

なのでしょうね それは

長い長い旅のバトンタッチを終えて

ようやっと ふるさとの

わが家の門に たどりつき

ようやっと それだけ言えた

 

・・・・・・

 

人の耳には ただ

「かさっ…」としかひびきませんが      

                        まど・みちお「いのちのうた」より

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする