読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡りあるき

うたひながら夜道を帰るからつぽのひだりの胸に風がはいつた

汲むー越えてゆくものー

f:id:miyasakihiro:20150330121040j:plain

 ・・・

 頼りない生牡蠣のような感受性

 それらを鍛える必要は少しもなかったのだな

 年老いても咲きたての薔薇  柔らかく

 外にむかってひらかれるのこそ難しい

 あらゆる仕事

 すべてのいい仕事の核には

 震える弱いアンテナが隠されている きっと……

 わたくしもかつてのあの人と同じくらいの年になりまし

 た

 たちかえり

 今もときどきその意味を

 ひっそり汲むことがあるのです

           「汲む」ーy・yにー茨木のり子詩集より

 

f:id:miyasakihiro:20150330120547j:plain