読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巡りあるき

うたひながら夜道を帰るからつぽのひだりの胸に風がはいつた

田んぼのタヌキ

生き物

 f:id:miyasakihiro:20161030223235j:plain写真が撮れませんでした。

病院の自転車置き場のフェンスの向こう

田んぼの畔でかたまっている

びしょびしょタヌキと目があった!

 

えっ狸!…あなた狸なの?

私もびっくりしていたけれど

あちらもびっくりしていたようだ

 

えっ狸!?

でも、猫じゃない…よね、その顔は

じっとこちらを見ている顔は

なんだか悲しそうだけど…。

 

「うんわたし。タヌキと呼ばれているらしいです」 

 

どうして こんなところに しかもいまごろ お前がいるの

用水路の水がなくなったので

帰りの道がわからなくなっちゃった?

それとも去年、西の畑の夏草の

繁みの中のぽっかりまるい

ベットの跡はお前だったの

うれしいな。

あなたがそばにいてくれて。

 

 

こちら側のこの庭もいい夏草がびっしり生えて

虫もカエルもシジュウカラも黄揚羽蝶もやってきて

去年はカマキリさんの卵が2ヶ所、青筋揚羽さんもひらひら…

そして今年はクマ蜂さんとまさかの狸のあなたに会えた!

 

こんな時間にこんなところでばったり私に会うなんて

狸さん、あんたは狸の世界では ひょっとして変わり者?

(私とおなじ性格らしい)

それとも何か 大地震とか…大きな変動、起こりそう?

 

それはともかく、

田んぼの水も落とされて、稲穂はたわわで重たそう

なのでもうすぐ稲刈りが始まるよ。

むこうの早稲(わせ)は早々に刈り取りが終わっているようだし…。

この田んぼにも、もうすぐコンバインが入ると思う

いまのうち、どこかこんもりした繁みがあって

冬ごもり

できるところをさがしてください

 

 

このあたり、

昔は窪地で水はけの悪い原っぱだったようだけど

ひょっとして、あなたはむかし昔のその昔から

代々ここに棲みついて いた狸?

この水路には少し前まで一年中、水が流れていたんでしょ

鮒や泥鰌やザリガニがわさわさ暮らしていたんでしょ

 

ところが水路はいつのまに、コンクリートでかためられ

水は田植えの時期しか来ない。

 

 

あたしらあとからやって来て

手あたり次第あんたらの

餌場を荒らすふらちな

…すまないね。

でもね 

こっちはこっちでこっちも大変

…すまないね

 

私はわたしでこの庭を

ふらりあなたが紛れ込み、何事も無く

通り過ぎ、そしてふらりとまた来てくれる…そんな庭にしてゆきたい

私が庭仕事 出来る間は

 

 

 

 

 

広告を非表示にする