巡りあるき

うたひながら夜道を帰るからつぽのひだりの胸に風がはいつた

ゆうべの・・七草

f:id:miyasakihiro:20180107200541j:plain

我が家の芹と野蒜

 

昨夜、何となくだるくて食欲がない。

夕食に食べたいものが浮かばない・・

 

そういえば今日は七草の日・・

ということで、

以前、根付きの芹を食べ終わった後、

庭の隅に根を植えておいたのが、

いつの間にか青々と生えていたのを思い出し

懐中電灯を抱えて庭に降りた

もちろんmimi(=^・^=)もサッと飛び出す。

あったあった

蠟梅の落ち葉の中に

ほっこり生えてこれだけ

 

ナズナもどこかに生えていたけど、

思い出せないので

庭中生え放題の野蒜を掘る。

まだ細くて小さい。

f:id:miyasakihiro:20180107200632j:plain

これに小カブと人参とシメジを入れて五草粥の出来上がり♪

f:id:miyasakihiro:20180107212008j:plain

一緒に作ったトン汁は

半分も食べられなかったけど

御粥は美味しく食べられました。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

何とかお迎えできました…(^^;)

f:id:miyasakihiro:20171231172211j:plain

我が家のお正月様です~

いつもの花たちがそろいました。

今年は美男葛と蠟梅が元気!

寒梅と万両がやや控えめです。

ですが、

いつも通りに咲いていてくれました~♪

 

今年

お手伝いしているNPO法人の組織替等で次から次に

なんだかとても忙しくって・・

ついに月一ブログになってしまいました。

 

来年は少しは自分の暮らしの様々を

ゆっくり辿っていきたいな~

と思っています。

f:id:miyasakihiro:20171231173120j:plain

 

  さしあたりことばをそこに置いてみる。そしてしばらくいっしょに暮らす

 

  蠟梅の色の夕映えすこしづつすこしづつ空は拡がつてゆく

 

  それが富士山に映つた雲の影…と気づいた時の空のひろがり

 

 

  庭に出てあ、このかをり何だらうなんだかとてもうれしいにほひ

 

 

  ひろ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこにあるもの―   両神山へ

f:id:miyasakihiro:20170821100926j:plain

 

そこで満ちている

そこで待っている

そこで待ちつづけている

 

 

そこにあるもの―

 

f:id:miyasakihiro:20170821130158j:plain

 

 

あるとき

 

溢れ

こぼれ落ちる

f:id:miyasakihiro:20170821130355j:plain

 

 

揺れやまず

    揺れやまず

         揺れやまず

      揺れやまず

 

f:id:miyasakihiro:20170821133715j:plain

 

 

倒木の小枝の無数の蜘蛛の巣の

無数の雫のつらなりの

 

f:id:miyasakihiro:20170821133339j:plain

 

待つてゐる

待ってゐる

待ってゐる

 

ときおり

 

 

かすかな気配―

f:id:miyasakihiro:20170821103505j:plain

 

 

 

息づいてゐる

 

 

 

 

ひろがつてゆく―気配

 

f:id:miyasakihiro:20170821113516j:plain

 

しずくの記憶

 

せせらぎのおと

通り過ぎた夏

 

f:id:miyasakihiro:20170821133840j:plain

 

―それは、

その次となり

その次の次となり、

その次の次の次となり

またその次の次の次の次となり―

 

f:id:miyasakihiro:20170821092636j:plain

 

そこで満ちて

そこで待って

そこで待ち続け

 

息づいている

 

 

f:id:miyasakihiro:20170821084922j:plain